岡山理科大学総合情報学部情報科学科

総合情報学部情報科学科 岡山理科大学

教育目標

情報科学科は、情報技術と
その基礎となる数学を修学し、
論理的かつ数理的な思考力を身に付け、
高度情報社会を支え社会に貢献できる
人材の育成を目的に教育・研究を行ないます。

情報科学科学科長 劉 渤 江

情報科学を学ぶ意味

現代社会は、多種多様な情報がすみずみにまで深い影響を及ぼす、情報化社会と言われています。そのような情報化社会は、様々な情報システムによって支えられています。みなさんがふだん目にするインターネットや、パソコン、携帯電話、あるいは銀行のATMなどは、そのような情報システムの入り口にすぎません。その奥には学術的にも社会的にも興味深い情報科学の世界が広がっています。情報科学は、まだ新しい学問にもかかわらず、高度情報社会を支える中心的な学問として、これからも目覚しい発展が予想されます。次世代の情報技術の担い手として活躍を目指す人にとって、情報科学を学ぶことが必須の時代と言えます。 情報科学科は、論理的、数理的な能力を駆使し情報分野で活躍する人材の育成を目指しています。

情報科学科の特色

情報科学科は、主にコンピュータの基礎理論や応用法に関する研究を行っています。しかし、情報科学は本来、単にコンピュータを扱うだけでなく、人間の知的活動の解明までを含む様々な問題を扱う間口の広い学問です。人文・社会科学、人間科学などとの境界領域も情報科学の対象になります。情報を活用して社会に貢献するには、情報に関する基本的な知識を身につけ、モノづくりの現場や、社会の様々な場面でそれらを活用できる能力が求められています。 情報科学科では、こうした能力の基礎となるコンピュータの原理の理解、プログラムの作成技術、さらにはコンピュータを道具として情報と人間の関わりを考えることを通じて、人材育成を行ないます。

施設紹介


スチューデントコモンズ

スチューデントコモンズ(A1号館1階)
全学共有の多目的オープンスペース。

メディア収録室(A1号館5階)

メディア収録室(A1号館5階)
音声収録などの設備が整った完全防音収録室。

共通利用実験室(A1号館5階)

共通利用実験室(A1号館5階)
実習を伴う授業で使用します。