OPEN CAMPUS 2017

オープンキャンパスのイベント情報オープンキャンパスのフォトギャラリー

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

EVENT

ポーズから作るCGアニメーション

開催日時/9月24日(日) 11:20~12:30

開催場所/A1号館5階 マルチメディア実験室 514

各自(可能ならば全員)のポーズを、Kinectを使用して撮影します。あらかじめ作成したシナリオに、ポーズを加えてCGアニメを完成させます。
→詳しくはこちら

ルールを与えて世界を作ろう

開催日時/9月24日(日) 13:50~15:00

開催場所/A1号館6階 情報科学科実験室1 613

人工知能のもととなる研究にセルオートマトンがあります。セルオートマトンとは、セル(格子)から構成されたオートマトン(自動機械)というものです。
→詳しくはこちら

パネル展示・学科相談コーナー

図形を色々な視点や方法で区別しよう図形を色々な視点や方法で区別しよう

みなさんは図形を見たときにどのように区別していますか。長さ?向き?または角の大きさでしょうか。どれが正しいというわけではありません。どの尺度を用いても正しい議論で図形を区別できることが大切です。
右の図を見てください。一見同じものに見えないものが「=」で結ばれています。これはどのような尺度で考えられているのでしょうか。また他の尺度ではどうなっているかを考察していきます。


ルート案内と施設検索システムルート案内と施設検索システム

Google Map上で目的地まで行き方や周辺の写真、お食事処などが検索できるシステムのデモを行います。


数の繰り返し模様の不思議数の繰り返し模様の不思議

21世紀初め頃、2人の数学者FominとZelevinskyによって「クラスター代数」というものが発見されました。このクラスター代数は数学や数理物理の色々なところに潜んでいて、沢山の数学者によって研究されています。
今回はConway-Coxeterフリーズと呼ばれる「数」と「四則演算(+ , - , × , ÷)」を使ったゲームを紹介して、そこに現れる不思議な現象を見てもらいたいと思います。この現象が実はクラスター代数の性質と関わっているのです。

学科紹介・個別相談コーナー
11:00~15:00 

情報科学科での学習内容・卒業後の進路等について専任教員による相談コーナーを設けます。