岡山理科大学総合情報学部情報科学科

総合情報学部情報科学科 岡山理科大学
page link
アドミッションポリシー 4年間の学びの流れ ゼミナールの様子

◎情報科学科は、社会を支える情報技術を開発、又は応用し活用する人材の育成を目指しています。

◎多様な習熟度の学生に対応したクラス分けにより基礎学力を付けます。情報と数学を基礎に4コース制による学生の目標に合わせた専門教育を行います。

◎卒業後に目指すのはWeb・モバイル分野のシステム開発者、デジタルメディア、ゲームの分野で活躍する情報処理技術者、科学技術計算やデータ解析を行なう技術者、数学教員、ビッグデータ解析を行い、情報から意味を発掘するデータサイエンティストなどです。

アドミッションポリシー

総合情報学部では、情報科学技術を要にして、社会と調和の取れた高度情報社会の発展に貢献できる人材の養成を目指している。現在の日本においては、高度情報化が社会構造や私たちの生活にも大きな変革を及ぼしており、情報技術を駆使して各自の専門分野で活躍できる人材が求められている。情報科学科では、情報通信技術とその基礎となる数理を学び、論理的かつ数理的な思考力を身につけ、高度情報社会を支え発展させ、社会に貢献できる人材の養成を目指している。多様な習熟度の学生に対応したクラス分けにより基礎学力をつける。情報と数学を基礎に4コース制による学生の目標に合わせた専門教育をする。卒業後に目指すのはWeb、モバイル分野のシステム開発者、デジタルメディアの分野で活躍する情報処理技術者、大量データから有効な情報を引き出すデータサイエンティスト、科学技術計算やデータ解析を行う技術者、数学教員などである。
このような観点から、情報科学科では以下のような学生を求めている。


求める人物像

インターネットを利用した
高度情報社会に強い関心をもつ人

Web、モバイルなどの情報技術に強い関心をもつ人

デジタルメディアやゲームの最新技術に
強い関心をもつ人

データから意味のある・役に立つ情報を
探索することに強い関心をもつ人

人工知能技術などの先端技術に強い関心を持つ人

情報技術をいかした科学技術計算や
データ解析に強い関心をもつ人

情報技術に関して、
他者と協働して学ぶことができる人


学んできてほしいこと

数学に関しては、「数学I」または
「数学Ⅰ・数学A」を学んでいること

望ましくは、「数学Ⅱ」と「数学B」を学んでいること

望ましくは、情報に関連した活動、経験、
特にプログラムの作成や
Webページ作成の経験のあること


カリキュラムポリシーはこちら アドミッションポリシーはこちら
ディプロマポリシーはこちら 入試情報はこちら

4年間の学びの流れ

1年次

コンピュータと数学の基礎を学ぶ

コンピュータの操作方法からブログラミングまで、コンピュータサイエンスの学習の土台を作ります。また、情報を扱う上で必要となる基礎的な数学を学びます。将来のコース選択に備えて、新入生セミナーでは各コースに関連した研究の紹介を行います。

2年次

専門コースを決定する
準備を始める

「基本情報処理」などの共通情報科目、「解析演習」などの共通数学科目のほか、コ一スの専門科目が本格的に始まります。各コースの選択必修科目を履修しておくことが、コース選択の必要条件となります。

3年次

コースを決定し、
専門知識と技術を深める

データの特性を見つける方法を学ぶ「ビッグデータ」、アプリケーション開発を学ぶ「Web・モバイル」、情報アナリストなどに必要な数学を学ぶ「情報数学」、ソフトウェア開発を学ぶ「デジタルメディア」の各コースから選択し、所属。専門的に学びます。

4年次

各コースの集大成として
卒業研究に取り組む

興味、関心のあるテーマの研究室に所属し、指導教員や研究室の仲間とともに卒業研究に取り組みます。お互いに切磋琢磨する中で、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を向上させ、情報技術者、ソフトウェア開発者、数学教員、データサイエンティストをめざします。また、大学院進学の道もあります。

ゼミナールの様子

ゼミナールでは、1年次から3年次で学んだ知識をさらに伸ばし、情報科学に関するより専門的な考察と課題解決力を高めます。自分自身で検証・反証した結果や、自分自身で修正・構築した理論は、ゼミナールで論文にまとめていきます。
その集大成が4年次に作成する卒業研究です。学生主体で行われるゼミナールでは、コミュニケーション能力やチームワーク力の向上を図り、さらに、討論やレポート作成を通して、社会人に必要な資質も身につけていきます。


ちょっとアドバイス

担当教員によって異なりますが、研究発表を行い、それに基づいてディスカッションを行うのが、ゼミナールの一般的なスタイルです。教員によって研究分野はさまざまなので、どのゼミナールに所属するかをじっくり考えることが大切です。

特徴ある講義

コンピュータウイルス等の情報セキュリティに対する脅威は、ますます悪質になっています。攻撃方法は、ユーザの心理の隙をつくなど洗練されてきています。この講義では、情報セキュリティの要素である、機密性、完全性、可用性について解説し、それらに対してどのような危険があるか説明します。

日進月歩する情報セキュリティの現況と対策に係る授業は、東京で先進的な現場経験をしているSEが教えるのが最適です。

情報科学科では、より現実のセキュリティ問題に対応するために必要な知識、スキルを身につけてもらうことを重視しています。